2005年08月18日

【8.28学習会】最近どうよ?パレスチナ/イスラエル

シャロンの「ガザからの一方的撤退」と「分離壁」の建設は、
イスラエルという国家の内側にパレスチナ人たちの巨大な監獄を作り出すことになる?
だとしたら、パレスチナとパレスチナ人たちは一体これから、どうなるんだろう?
「ユダヤ人のための民主主義国家」という建前のイスラエル自体が、かなり危うい。
その国家の内側に生きるパレスチナ人たち、そしてイスラエル人たちの今後は?
そして懸案のイスラエル首相シャロンの来日は、はたしてどうなる?
仙台の「パレスチナ・オリーブ」( http://www5a.biglobe.ne.jp/.polive/
は、パレスチナのオリーブ油「ガリラヤのシンディアナ」のフェア・トレードを通じて現地のパレスチナ人たち、さらにはイスラエル人たちとの交流を続けています。そうした具体的な経験をベースに、早尾貴紀さんからお話を伺います。ぜひ参加してください。

【学習会】最近どうよ?パレスチナ/イスラエル
お話▼早尾貴紀さん(パレスチナ・オリーブ)
日時▼8月28日(日)18時〜
場所▼スマイルなかのA・B会議室(中野区中野5-68-7)
http://www.nakanoshakyo.com/map.htm
(交通=JR総武線・中央線/東京メトロ「中野」駅から徒歩7分)
参加費(資料代)▼500円

8.28ビラ:ダウンロードしてお使いください。
posted by イスラエル首相シャロンを許すな!来日反対キャンペーン実行委員会 at 15:44| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

【6・26集会】 シャロンのすすめる「ガザ撤退」案とは何か?──パレスチナの「監獄化」を許すな!


日時:2005年6月26日(日)13時30分開場・14時開始
場所:新宿区立元気館・第1洋室(元・新宿勤労福祉会館)
   東京都新宿区戸山3-18-1
    http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.42.44.6N35.42.12.1&ZM=9
交通:JR、西武新宿または地下鉄東西線「高田馬場」下車 徒歩約15分新宿北郵便局斜め前 バス停 都立障害者センター前下車1分

内容:お話/小田切拓さん(ジャーナリスト)
   その他、ビデオ上映・ディスカッションを予定

資料代:500円
------------------

イスラエルの首相、アリエル・シャロンが「和平」の名の元に推し進める、ガザ地区を中心としたパレスチナ自治区からの、ユダヤ人入植地の撤去──しかし現実に進められているのは、自治区の巨大な監獄化だ。
ガザ地域の外縁はすべてイスラエル軍の監視下に置かれ、誰も自由に出ることも入ることもできない。ヨルダン川西岸地域では全入植者のわずか0.2%が去されるに過ぎない。
パレスチナ人の生活空間を巨大な「アパルトヘイト・ウォール(分離壁)」によって寸断し、エルサレムに隣接した地域では新たな入植すら計画している。
シャロンが和平を語るたびに、パレスチナ人の生への希望はどんどん失われようとしている。──パレスチナの人々から希望を奪うな。

------------------

<キャンペーンについて> 6月末に予定されていたシャロンの来日が秋に延期と報道されました。実行委内での議論の結果、6月26日の集会を上記のようなものとすることをはじめ、継続的にパレスチナの地に目をむけるための学 習・行動をつみかさねながら、秋の来日にむけての準備としようということになりました。あらためてご理解とご協力をお願いします。

<運営上の確認> 政治的立場の違いを暴力によって「解決」することを実践 し、その行為と思想を正当化し続ける人びとの参加はおことわりします。ビラです。ご自由にお使いください。
posted by イスラエル首相シャロンを許すな!来日反対キャンペーン実行委員会 at 12:03| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。