2005年08月18日

【8.28学習会】最近どうよ?パレスチナ/イスラエル

シャロンの「ガザからの一方的撤退」と「分離壁」の建設は、
イスラエルという国家の内側にパレスチナ人たちの巨大な監獄を作り出すことになる?
だとしたら、パレスチナとパレスチナ人たちは一体これから、どうなるんだろう?
「ユダヤ人のための民主主義国家」という建前のイスラエル自体が、かなり危うい。
その国家の内側に生きるパレスチナ人たち、そしてイスラエル人たちの今後は?
そして懸案のイスラエル首相シャロンの来日は、はたしてどうなる?
仙台の「パレスチナ・オリーブ」( http://www5a.biglobe.ne.jp/.polive/
は、パレスチナのオリーブ油「ガリラヤのシンディアナ」のフェア・トレードを通じて現地のパレスチナ人たち、さらにはイスラエル人たちとの交流を続けています。そうした具体的な経験をベースに、早尾貴紀さんからお話を伺います。ぜひ参加してください。

【学習会】最近どうよ?パレスチナ/イスラエル
お話▼早尾貴紀さん(パレスチナ・オリーブ)
日時▼8月28日(日)18時〜
場所▼スマイルなかのA・B会議室(中野区中野5-68-7)
http://www.nakanoshakyo.com/map.htm
(交通=JR総武線・中央線/東京メトロ「中野」駅から徒歩7分)
参加費(資料代)▼500円

8.28ビラ:ダウンロードしてお使いください。
posted by イスラエル首相シャロンを許すな!来日反対キャンペーン実行委員会 at 15:44| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。